FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のオハハコに行って来ました!

2018.11.4 オハハコ

今年最後のオハハコ、月1回でシーポートでの開催してます。

天候にも恵まれ参加してきました。

話ししていて、車多かったのに画像少なくて~汗

新旧、ノーマルからカスタムまで入り乱れての楽しいイベントになりました! 途中から、台数も一気に増え入りきれないくらいの賑わいで、今年最後のイベントが終わりました。

今回、嬉しいことに小さい頃からの憧れのスーパー7を、なんと運転させて頂きました!

エンスト交えて、走り出すと楽し過ぎ、こんなにシンプルに走る事のみを感じる幸せが~ほんとキャブの音、振動全てが楽しかった♪

通勤に使ったら、毎日幸せ慣れそうな車でした!

オーナーさん、本当にありがとう御座いました!

イベントのあとは、TAKUさんのケンメリ試乗会!

非常に乗りやすく、日産車乗り継い出来たので、懐かしいくもワクワクの楽しい時間でした。

ワイワイガヤガヤと車尽くしの楽しいひと時を過ごし、帰路につきました。

スポンサーサイト

SMP24 Ferrari 308GT RAINBOW 完成写真

Ferrari 308GT RAINBOW

SMP24 Ferrari 308GT RAINBOW 製作記6

Ferrari 308GT RAINBOW 

フロントウィンドウを付けました!

エッチングのワイパーも組み付けます!

あとは、ウインカー、タイヤ等小物取り付けて一気に完成しました!

ライトも差し替え出来ます!

ルーフも開けたら、実車同様に運転席後ろに収納出来ます。

内装もエッチングが良く映え、毎度の事ながら鍵にキーホルダーまで再現しています(笑)

フロントの丸みを感じる面の使い方とは対照的に、後ろ姿もまたいいですね!

エンジンルームも開けるとシャーシが見え、かなりリアルに感じワクワクしながら眺められます。

番外編

フロントウィンドウ

1番切り出してかリ合わせまで、神経使う所です!

たぶんレジンキットを作ったことが無い人はハードル高く感じるのではないでしょうか?

今回は、ちょっと工夫してみます。

ちょっと見づらい~拡大します!

0.3mmのプラ板を細切りして、端から瞬着で点づけしながら位置合わせ、最後に裏から流し込みガイド作りました。

上下左右にガイド付けたので、あとは乗せるだけで接着が簡単になります!

リアバンパー

借り組みしないと逆アールになります! バンパー自体も薄いパーツで型から抜いた時に若干逆アールになってるので、軽くお湯でアールを付けてやります。

ボディ側も削り仮組みして合わせて下さい。

タイヤ

ここはかなり余談ですが、レインボー自体当時としてはピレリP7と珍しく50タイヤでツラいちになってます!

キットにしては、リヤフェンダーが薄くしてますが、さらに削りタイヤの方も見えない位置(テープの上)削ってツラっぽくしました。

SMP24のキットは、毎回組み立て易さなど地味に進化しています。 完成した時のリアルさと、手に持ち眺められる模型ならではの楽しみもあります!

レアな車種のキットばかりなので、限定品ですがこの機会にお買い求めて頂けたら幸いです。

完成写真は、後日アップします♪

SMP24 Ferrari 308GT RAINBOW 製作記5

 Ferrari 308GT RAINBOW 

今回は完成見本と言う事でサクッと色づけしました!

ホイールにエッチングのリング仮合わせ、少し棒ヤスリグルグル回転させて塗膜分も考えて広げて置きます!

このようにリングが入り、ナットも付けていきます。

パーツの裏にもツヤ消しブラック吹いて置きます。

エッチングの馬のエンブレムにフラックス乗せて、半田盛りつけました! エンブレムは3個付いてるので失敗しても大丈夫です。

本物らしく立体感出てます!

どんどんGクリアー使いエッチング付けていきます。

難しいのは、パーツ摑んで飛ばしてしまう事です〰️

小さなパーツなので飛でもいいように、大きな物を引いて作業するとパーツ拾い易く、再挑戦出来ます。

色も入り、ここからリアーのフレーム等組み立てます!

サスペンションの位置決めしたら、あとは瞬着で接着します。

借り組みだけしっかりとするとあとは簡単に作れます。

プラグコード付けただけで、素組みでこれだけの雰囲気出ます!

レインボー自体、エンジンの写真少ないですが、更にデティールアップするとリアルさ増します。

紅葉を追いかけて神仙沼に~!

ニセコにある神仙沼に行って来ました!

初霜が降りる中、

函館を出発~絶好の天気に恵まれいざニセコへ

順調に長万部を通過。 どんどん雲が無くなっていきます。

蘭越の道の駅で一休みして

山々も色づいています…

大湯沼を通り越し

大谷地を右手に通り

到着。

神仙沼は、ニセコの共和町の標高770mの高地ある湿原。

皆が神、仙人の住みたまう所

ほんとに神秘的な表情を見せる湿原の沼です。

駐車より散策路を15分ほど歩くと目の前に湿原が現れます。

水への写り込みもあり、ワクワクしながら神仙沼に~

あれー、いつもと違う感じ💦

そっかー、紅葉終わったんだ

と納得…

それでもいいしょーと…

神秘的には変わりません!

何とも言えない自然が作る美しさ

雲も良い仕事してます♪

神々しく、見てるだけで癒されます!

帰りも湿地帯を眺め

木々の枝が下に下がっています。ここの冬の厳しい環境がこのような神秘的な雰囲気を作り出しているんでしょうね。

帰りは、ミルク工房脇から羊蹄山を望み

通称、蝦夷富士。

道なりに紅葉ながめ

あとは、一気に函館まで往復380キロのドライブでした。 

プロフィール

ニーミー

Author:ニーミー
車模型のガレージキット制作しているニーミーと申します。キットに恵まれなかったスーパーカーを1/24のレジンキットにするべく奮闘中!! twitterもよろしければフォローしてください!(@Dr30Sc427ma) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

1/24 模型 308GT4 レジンキット 86 函館 AE86 ウラッコ タミヤハコスカ 

FC2tカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。