SMP24 の第11弾 1/24 ブーメラン(Boomerang) 原型製作編!

1/24 ブーメラン 原型製作過程!

SMP24 (Supercar Modering Project 24)の第11弾



TAKAさんと組んで、勢いで始めてからこんなに続くとは思ってみませんでした(笑)

SMP24は、二人で作る車種を決めて、資料集めてその車を検証し、TAKAさんが原型作り、ニーミーが出来たキットを楽しく作りネットで遊ぶ(?)で成り立っています♪

ただ、凝り性な2人がやっちまうと・・・コスト度返しの採算どこ吹く風になるもので・・・

毎度、ヒヤヒヤです~汗




前回のギブリ(Ghibli)は、資料が集めること軽~く800枚(^_^;)

実は当時の車は、1台、1台手作り感満載で初期型と思って、800枚集めても決定的なものは、ごく数枚しか無いので
凝ると、資料集めの時間と本代だけで、時間計算赤字になります(笑)


今回のブーメラン(Boomerang)は、近年レストアされ画像もあるのではと期待していたが、初期の頃の画像少なく200枚ようやく集めたに過ぎず・・・かなり苦戦しました~汗

エンジン V8 4,719cc 318英馬力/47kgm
全長 4342mm
全幅 1860mm
全高 1070mm
車両重量 1400kg

ブーメラン(Boomerang )は、マセラティが1971年にトリノオートサロンで発表した、2ドアクーペのコンセプトカー。スタイリングはジョルジェット・ジウジアーロで、シャーシをはじめとするメカニカルパートは、マセラティ・ボーラ(Maserati・Bora)から流用されていた。

1971年のトリノショーではモックアップで、翌年の1972年プロトタイプとして再度発表されました♪

このころの画像が思いのほか少なく、昔の雑誌やマセラティの専門書を買いあさり、雑誌に掲載されていた平面図をありったけ重ね合わせ検証するところから始めました。




下の画像は、アオシマの1/20の マセラティ ブーメランで、下のプラ板の箱組が8年前に組まれたものです!


もちろん、原型製作はTAKAさんの役割です(^^♪~ここからは、TAKAさん奮闘記ですね!

今回のキット化にあたり、この箱組をベースに原型製作していく訳ですが、中身が入っているイメージから作り始めるため図面を引いていきます!


maserati_Boomerang_01.jpg


ボーラ(Bora)の実際のシャシーの図面を照らし合わせ平面・側面図を作り、更にエンジンはもちろんですが、細かなパーツの取り回しまで、ボーラとブーメランを比較して検証することからはじめました!

すると8年前に組まれていた箱組から、修正していく場所がどんどん見つかります~(^_^;)

maserati_Boomerang_02.jpg




いよいよ8年振りにキット化へ向けてボディ修正が始まります!

maserati_Boomerang_03.jpg



画像では解りずらいですが、かなり変わってきています!

maserati_Boomerang_04.jpg



直線基調の鋭いウェッジシェィプに見えるブーメランも後ろに行くに従い微妙なアールとラインが複雑に絡み合っています!
平面基調で作っていくとラインが後ろで合わなくなります。

実車の画像は、広角レンズで撮っている物も多く、そこから実際の長さを恐ろしいほどの写真を重ね合わせ検証します!

maserati_Boomerang_05.jpg



そこまでやっても、作っている時に面やラインに違和感を感じては、資料を探し微妙なアールを見つけては修正していきます。

特に、ブーメラン(Boomerang)は予想以上の難キットで、TAKAさん納得いくまで何度もホディ修正してました。

maserati_Boomerang_06.jpg



このころになると、だいぶ内装も出来てきています!

正面から見ても台形型で下側の絞り込みがキツい為、組み立てのことも考えながらパーツの分割を考えていきます。

maserati_Boomerang_07.jpg


シャシーもボーラ(Bora)の物を参考にしました♪

実際の図面から、模型の寸法に合わせて作るのは、なかなかの手間ですね(・・;)

maserati_Boomerang_08.jpg



パーツ分割も、なかなか大変なキットですね(笑)

maserati_Boomerang_09.jpg



これが現在の姿で、まだ細かな補正はありますが、8年前の形からかなり変わって、ブーメラン(Boomerang)らしくて良い雰囲気です(^^)/
maserati_Boomerang_10.jpg


一見誰でも作れそうな車と思っていましたが、誰も作らない理由が解りました~この時代の車は、3Dで表しずらい微妙なアールと繊細なラインで設計されているんですね!

maserati_Boomerang_11.jpg


原型製作もあと少し・・・頑張れTAKAさん(^.^)/~~~

次は、3Dとエッチング・バキュームにクリアーパーツが待っています( ^^) _旦~~













スポンサーサイト

コメント

Secret

カッチョいい〜!

こんばんは(^◇^)
ブーメランカッチョいいっすね〜!
いかにも70年代的なショーモデルらしさ!
文中の通りウェッジの効いた剃刀の様なボディー。
出来上がるの楽しみですね〜!(((o(*゚▽゚*)o)))
TAKAさん頑張って下さ〜い!( ̄^ ̄)ゞ

Re: カッチョいい〜!

Mr.Mさん こんばんは(*'▽'*)

TAKAさん喜びますo(^▽^)o
サイズ的には、小さい部類の車てますが、圧倒的な存在感が有りますよね!
ウェッヂシェイプの鋭さのなかに、柔らな面を組み合わせていて、ずっと資料とにらめっこしてラインと面の解析してました~汗
手作り時代のデザインは、やはり手原型の方が柔らかな面を表現し易いみたいですね(*⌒▽⌒*)
プロフィール

ニーミー

Author:ニーミー
車模型のガレージキット制作しているニーミーと申します。キットに恵まれなかったスーパーカーを1/24のレジンキットにするべく奮闘中!! twitterもよろしければフォローしてください!(@Dr30Sc427ma) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

1/24 模型 308GT4 レジンキット 86 函館 AE86 ウラッコ タミヤハコスカ 

FC2tカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる