スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作中新作キット”1/24 Navajo"

製作中新作キット”1/24 Navajo"

始めましてSMP24キット制作担当のTAKAです。
今回は現在製作中の新作キット”Navajo”について解説を頼まれたのでブログにおじゃまします。

その前に、うちのキットは、シャシー・足回りやプロポーションモデルに関わらず
エンジンブロックまで”なぜ?そこまでやるの?”と聞かれることがあります。

キット制作の際は、”なぜこんな形になった?”のか中身の検証から始めます。
少しでも当時のエンジニアやデザイナーがその車をその形にしたかを感じてもらえるよう
その車がどの様な経緯で作られたのか等も出来る限り調べて行きます。

スケールモデルの楽しみは、見えるところだけ綺麗に作るのも楽しみ方の一つなら
見えなくなるところを作り込むのもスケールモデルの楽しみ方の一つだと思います。
箱を開けたときに”どう料理しようか?””ボンネット開けちゃう?”
とかワクワクするような素材になればとキット制作しています。

前置きが長くなってしまいましたが、新作の”Navajo(ナヴァホ)”について
ダラダラと解説・キット制作レポートして行きます。
お暇な方はお付き合いを。

navajo_解説_000


まずはこの”Navajo”1976年3月のジュネーブショーで発表された
ベルトーネのコンセプトカーでデザイナーはあのマルチェロガンディーニ!!
ベースになっているのはアルファロメオのTipo33ストラダーレ
(シャシーナンバー750.33.11とまで書いてるところもある)とある、

早速、側面図を描きTipo33ストラダーレの図面と重ねてみる。

navajo_解説_001

navajo_解説_002


すると・・・???・・・ミッションがリアバンパーからはみ出るではないか!
しかもバルクヘッドとエンジンの間が約200mm開いてしまう。

navajo_解説_003


エンジンフード開けている画像を見てもストラダーレよりエンジンが前にあるように見える。
細かい所も違う!そうこれはエンジン-デフ-ミッションの並びではないんじゃないか?
平面図を見ても全幅がストラダーレの1710mmに対し1860mmと違いすぎる・・・

と調べてみると1971~1972年(1971年は公式練習のみでレースには出ていない)
の3Lのスポーツプロトタイプ(グループ5)33TT3が
エンジン-ミッション-デフなのである。全幅も1900mmとこちらの方が辻褄が合う。

navajo_解説_004


そして当時の本の中にこんな一節が
”このナヴァホに利用されたシャシーはアルファ・ロメオT33のもの.
オリジナルのチューブラーフレームを、乗員スペース確保のために、
いくぶん伸ばしている.”

チューブラーフレーム!!

そうご存知の方も多いと思うがストラダーレのフレームは
燃料タンクも兼ねた円筒のアルミ合金チューブをH型に組み合わせた独特のフレームなのである。

navajo_解説_005

navajo_解説_006


1969年からの33/3ではアルミ合金モノコックになる。
そして1971年、鋼管スペースフレーム8気筒最後の33TT3で鋼管スペースフレームになる。
1976年の”Navajo”にシャシーが使われたとしても辻褄が合う。

navajo_解説_007


毎回、資料集めには苦労していますがここまでないのも初めてで、
唯一いつも資料提供して下さるモデラーさんからの当時の書籍からのコピーの山を手掛かりに、
今回の”Navajo ”は33TT3のシャシーをベースに作られたコンセプトカーと仮定した
一部フィクションを交えながら1台の車として1/24で再構築して行きます! ・・・つづく
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ニーミー

Author:ニーミー
車模型のガレージキット制作しているニーミーと申します。キットに恵まれなかったスーパーカーを1/24のレジンキットにするべく奮闘中!! twitterもよろしければフォローしてください!(@Dr30Sc427ma) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

1/24 模型 308GT4 レジンキット 86 函館 AE86 ウラッコ タミヤハコスカ 

FC2tカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。