1/24 タミヤ ハコスカ改 44仕様製作記 03

1/24 タミヤ ハコスカ改 44仕様製作記 続ライト・クリル編


これは、2ドアHTのライトを切って広げただけの状態です。

ハコスカ4枚 024


次がライトに少し丸みをつけた状態です。

ハコスカ4枚 033


更に修正して・・・

ハコスカ4枚 029


最後がだいぶ形になってきた現在の状態で、地味に時間掛ってました。

ハコスカ4枚 028



次に気になるのがボンネットの長さ。

グリルに被り気味で、少し長く感じます。

ハコスカ4枚 015


ボンネット中央を全体的に短く削り、ライトに合わせて板ネットのふくらみのプレスラインを変えてみました。

こうすることでグリルがしっかりと見えるようになりました。

ハコスカ4枚 025


こんな感じでボンネットにパテ入れました!

ハコスカ4枚 026




分かりづらいかも知れませんが、修正前・修正後を比べてみました♪

修正前
ハコスカ4枚 031

修正後
ハコスカ4枚 030


修正前
ハコスカ4枚 034

修正後
ハコスカ4枚 027


1/24 タミヤ ハコスカ改 44仕様製作記 02

1/24 タミヤ ハコスカ改 44仕様製作記 フロントライト・グリル編



2ドアHTとライトの形状が違うので、0.5mmのプラ板挟んでライトの隙間開けます。

ハコスカ4枚 005



こんな感じで、少し幅が広がりました。

ハコスカ4枚 006


嵌めてみるとまだ形が違いますね。

ハコスカ4枚 007


取りあえず、グリル部分をプラ板で作りサイズを決めます。

ハコスカ4枚 008



真鍮版の1mmをヤスリで薄くした板を作り半田で付けました。

ハコスカ4枚 009


グリル部分は、真鍮線を使い裏側のグリルを作りました。

ちょっと押さえるのが難しい上に、目検等で作ったおかげで2時間も掛ってしまいました~汗

ハコスカ4枚 011



グリルは、上からの差し込み式にしてライト仮組します。

やはりライトの形状を直さないと44の顔になりませんね!

ハコスカ4枚 010

ハコスカ4枚 012



1/24 タミヤ ハコスカ改 44仕様製作記

1/24 タミヤ ハコスカ改 44仕様製作記始めます。

アルファロメオのナバホのカウルに、ひび入れてしまい只今修復中です。
寒い時期なので、塗装出来ずしばしお待ちください。


このハコスカ、もう7~8年前に2ドアHTのボディ切って4ドアにしたまま放置していたのが見つかり再開となりました。

しばらくインジェクションキットを作ってなかったので箸休めに作っていきます。


これが放置状態でした。

取りあえずRカットまで作ってあります。

ハコスカ4枚 016


ドアの形欲しくて、タガネ使用しドアパネルライン引きました。

ハコスカ4枚 017



ホディ全体を研ぎだしてみるとあっちこっちに歪みあり、ここから地味にパテ入れては研いでの繰り返しします。

ハコスカ4枚 018
ハコスカ4枚 019



ルーフ、Cピラーも平面だったので、R付けて厚み付けていきます。

ハコスカ4枚 020




窓枠の外側は1mmのプラの角材使用してつけました。

リアウインドウの下側は形状がHTと違うので下まで切り込み、ウインドウモールつけていきます。
モールの厚みは後から落としてみます。

ハコスカ4枚 021



窓枠付けると雰囲気でてきますね♪

ハコスカ4枚 023




反対も同様に窓枠作ってみました。

なんとなく、ハコスカの4枚になってきました!

ハコスカ4枚 022







SMP24からの重要なお知らせ。

SMP24 緊急事態発生!!!



すみません風邪でダウンしてました・・・
ニーミー、ダウンしているうちに大変な展開になってしまいました。
 



SMP24_001_201610270025185d4.jpg



1/24で今までに決定版のないスーパーカーをキット化したいとSMP24を立ち上げて4年。
ウラッコ・308GT4から始まって17車種(さぶろくも含め)まで頑張ってきましたが、残念ながらキット制作の活動を一旦幕を閉じることになりました。m(_ _)m


SMP24は、一つの夢から始まりました。それは、1/24のキットで存在しなかった車種や以前あった物でも満足のいかなかった
キットをガレージキットにして多くのカーモデラーの方々にも楽しんで欲しかった事です。

皆さんもカーモデルを作りながら、こんなキット有ったら良いのになぁと妄想したことがありませんか?

私は、いつもこんなスーパーカー作りたいのにと思い続けてました。
そんなときに弟のTAKAさんが、たまたまボディのフルスクラッチが得意な事に目を付けました。

少しながらレジンでの複製の経験あり、ガレージキットを作れるのではないかと話が盛り上ったものの、
実際仕事しながらの作業は思ったように進まず、消えかけてた時に・・・

なんとリーマンショックでTAKAさん失業~(笑)

何を思ったかガレージキットを作るぞと言い出し、ウラッコ・308GT4を作ってしまい、その勢いで某ガレージキットメーカーに就職!

その後3Dの設計も担当し退職後ついにSMP24と言う形でやりたかった、キットに恵まれない1/24 スーパーカーをキット化していく計画(Supercar Modering Project 24)が誕生しました!


実際キット制作を始めてみたら、本当に苦労の連続でした。

キット制作はTAKAさん一人で行っており、専門的な技術も多いため手伝える作業はバリ取りと箱詰めと限られておりました。

仕事としてしてはかなり効率が悪くそれならば、簡単に趣味の世界に戻ってフルスクラッチを楽しめたわけですが、TAKAさんは違いました。

さすが職人、作れば作るほど次に新しい技術を求め将来作りたい車種もたくさん思い描きながら、シャシーなど見えない部分にも拘り、ついにはエンジンまで作りはじめました!

この強い拘りがSMP24のガレージキットになっていきました。


おかげさまで、キットも非常に多くの方々の支えもあり続けてくる事が出来ました。




またいつの日か機会が在れば・・・


ありがとうございました。







1/24 Navajo(ナバホ)レジンキット02

1/24 Navajo(ナバァホ)レジンキット

地味に作っていましたが風邪にて停滞してました~汗

navajo_解説_017


キットの方は、ただいまヤ○オクにて出でいます!

限定生産になりますので、興味のある方お早めにどうぞ~m(__)m


大きなリアウイングが特徴のナバホで、今回は塗装をどうするかが一番の難関でしたが、リアカウルの分割で切り抜けることが出来ました。

alfaromeo navajo 016

平面の車に見えましたが、作り始めると余計にこの車の美しさが見えてきました。
分かりずらいかも知れませんが、ルーフもかなり空力を意識した曲面で出来ており、ガンディーニらしくCビラーが柔らかく曲面が変わっていき、全体に見ても直線と曲面を巧みに使い分けていますね!

サフェ吹いて研いでいくだけでも楽しく色んな発見が出来るますね♪

alfaromeo navajo 012



エンジンはおまけですが、開閉出来るスキルがあれば、更に楽しく作り込めます。

こうして見ても、レンシングカーのシャシーに、ロードカーの必要な物を組み込みながらも、斬新なボディをコンパクトにまとめてレイアウトさせたデザインは、とても40年以上前のものとは思えないくらいですね。

alfaromeo navajo 013


ナバホの模型作りながら、このパッケージならライトが横に開くのが分かる気がしました。

alfaromeo navajo 003
プロフィール

ニーミー

Author:ニーミー
車模型のガレージキット制作しているニーミーと申します。キットに恵まれなかったスーパーカーを1/24のレジンキットにするべく奮闘中!! twitterもよろしければフォローしてください!(@Dr30Sc427ma) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

1/24 模型 308GT4 レジンキット 86 函館 AE86 ウラッコ タミヤハコスカ 

FC2tカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる